40eab388ac57eee4f66ff5e36d3eddcf_s

今日は、神奈川県大和市の整体のダフィーカイロプラクティック南林間整体院の坂木です。

今回は、産後2ヶ月目で腰痛を訴えてのクライアント様の報告です。

photo by photo-ac.com

 

この方は、腰骨と骨盤の仙骨という骨が先天的にくっついているそうで、妊娠前より日ごろから腰痛をよく患っていたそうです。

妊娠中より腰痛が悪化し、産後もそれが残っているとの事でした。

立っている時の姿勢も、腰骨と骨盤の骨がくっついているためか間が狭く、腰のカーブがきつくなっています。

妊娠中は、お腹が大きくなり、前下方にせり出してくるので、余計に腰のカーブがきつくなりがちです。そのため、より一層、腰に負担がかかってきていた事が予想されます。

骨の変形自体は、手術でもしない限り変える事は出来ませんが、腰に負担のかからないような姿勢作りや、腰を支える筋肉の強化をしてあげる事により腰が痛くならないようにしてあげるなど、手立ては色々あります。

上背部の可動性を付ける事により、腰部の負担を分散させ、腰周りの筋肉の緊張を緩めるような施術をしていきます。

その上で緩んだ腹部の筋肉を締めるエクササイズをしていただきました。

1週間後に再来院されたときには、腰痛は感じなくなっていたそうです。

しかし、今度は背中の真ん中あたりに張りを感じるようになったそうです。前回の施術で、今まで固まって動かしていなかった部分が動けるようになったため、体重を支える配分が変わったための筋疲労と予想されます。

そこで、今度は背中の上部との関係を見ながら施術をしていきました。

これで、背中の問題がなければ、この方は脚のむくみも強いので、足部や足底の改善と、下肢の代謝改善を目指し次回以降施術を組み立てていく予定になります。

人の体は、生活環境や生活習慣、もともとの体質や骨格、年齢などいろいろの要素が関係して、現在の状態が形作られています。したがって、一発で全てが改善するというものはないのです。徐々に薄皮を剥がすように改善していくのがセオリーです。

もし、一発で全てが改善するようなレベルであれば、それはどこでやっても一発で治る程度の、軽い状態であったと言えるでしょう。

人体は恒常性といい、いつもと同じ状態に戻ろうとする性質があります。それが良い状態に戻ろうとするのであれば良いのですが、いつも悪い状態で安定してしまっている場合、その悪い状態でも、そちらに戻ろうとしてしまいます。

そのため、体の変化が起こる(体質改善)のには時間がかかると言うわけですね。

産後は、体の変化に加えて育児という新たな仕事が加わり、大変な時期になりますので、体調管理の方法として、カイロプラクティックがお役に立てれば幸いに思います。

何か分からない事があれば、神奈川県大和市の整体【ダフィーカイロプラクティック南林間】まで、何なりとお尋ねください。

今回のご報告はここまでです。
では。