tumblr_mgvlzdyl0g1r9t56po1_400
体が不調になる場合、2つの要因が考えられます。
1つは、重力に対してちゃんと体を正しく、無理なく支えられているか?という点です。もう1つは、体の内部の働きを調整しているシステムがちゃんと運営されているかと?という点です。

ここでは、1つ目の重力に対し正しく体を支えることについて解説している項目をまとめています。ここでは、主に筋肉系や関節系、姿勢に関する内容が含まれます。

正しい姿勢は、各関節や筋肉が能率よく働くようにセッティングされ、負担が少ないと考えられています。この正しいポジションから逸脱していると、部分的に負担が集中し、その部位の組織が痛んできて、回復力を超えた時点で症状となって現れます。

歪んだ姿勢でいると、立ち仕事や座り仕事などで同じ姿勢を続けた時、体の重みが同じところにかかり続け、それを分散できないので、腰や背中が痛んできたりします。逆に、スポーツなどで大きく体を動かす際に、正しい動かし方をこなせないため、怪我をしやすかったり、ベストのパフォーマンスをすることが出来ない、と言うことになります。