今日は、神奈川県大和市の整体のダフィーカイロプラクティック南林間整体院の坂木です。

先ごろ不妊治療に対する矯正についてご質問を頂きました。当院の不妊に対するアプローチは、セカンドwebに概略を掲載(不妊に対するカイロプラクティック)していますが、説明不足であるようなので、ここで補足説明をさせていただきます。また、先のセカンドwebの紹介ページ内においても誤解を生じさせるような文面があったので、修正させていただきました。

20100403-DSC_1194

photo credit: somiz via photopin cc

 

不妊に対して何の為にカイロプラクティックを行うのか?

不妊のための矯正の第一目的は、体内環境・体質の改善を行う事により、体が妊娠しやすい状態にする事です。不妊の原因には、女性側の排卵障害、卵管障害、着床障害、頸管障害や、男性側の精子形成障害、精子通路障害など様々なものがありますが、特に高度生殖補助医療の段階の方で妊娠しづらいと言う場合は、カイロプラクティックでは、不妊は体が妊娠するための準備・状態ができていない為に起こると考えています。

そのため、子宮をはじめとした生殖機能の状態のほか、他の内臓器官・神経系統をはじめとした体力全般的な状態も大事になってきます。

したがって、矯正を始める時期は、医療機関での不妊治療との併用をお考えでしたら、胚移植や人工授精の前から施術する必要があります。子宮内膜の状態が良好になるよう環境をととのえてやり、着床しやすい準備をしてやると考えていただくと良いと思います。

準備を整えてあげたら、後は結果を待つという訳です。ですので、実際、胚や精子の移植した後は、結果がでるまで矯正はしません。また、妊娠に到った場合は、胎盤が安定する時期まで矯正はできません。

 

不妊のための矯正を始める時期は?

 

体外受精で出産に至る成功率は1回当たり約20%ですが、40歳では7%、44歳なら1%程度に落ち込みます。不妊治療で子供を持つことができる可能性も、34歳までに治療を始めて繰り返せば7割程度になりますが、35~39歳で4割、40歳以上では、せいぜい1割にとどまります。

国立成育医療研究センター不妊診療科の齋藤英和医長談(東洋経済Online;不妊治療のプロが語る、不妊のリアル より

上記の記事は、不妊治療で有名な齋藤先生の談話ですが、この話からも判るとおり、不妊治療は年齢が若ければ若いほど有利です。したがって、矯正を始める時期もなるべく早い時期から始めるに越した事はありません。

特に出生率が下がる「35歳の壁」と言われる30代後半からは、卵子の老化が始まります。昨今では、「アンチ・エイジング」という言葉が流行っていますが、卵子もアンチ・エイジングしていかないといけないという訳です。そのためにも体内環境改善・体質改善が必要と考えます。

何度も言いますが、体質改善には時間がかかります。ですので、できるだけ1日も早く矯正の取り掛かるほうがよいのです。

 

不妊治療の金銭的な現実について

 

国立成育医療研究センター不妊診療科医長・齊藤英和氏によると、各年齢別の体外受精により1児が出生するためにかかる医療費の平均は、30代前半で約150万円、40歳で372万円、45歳で3704万円。47歳では、なんと2億3000万円かかるという。

PRESIDENT Online;40代で1000万円!? 不妊治療費の現実 より

人工授精が平均、1回1万~3万円。体外受精、顕微授精が平均1回30万~70万円。これが自費治療による治療費の相場だそうです。

まれに、当院に不妊治療で来られた方で、「お金がないから続けれれません」とおっしゃる方がいますが、当院の施術代は1回5000円、10回やっても回数券なら43000円です。もし、上記の記事が本当であったら、体外受精を行っている30代前半の人の医療費は、平均で150万円かかっているという事なので、それを出費するだけの予算と覚悟がないと出来ないという事になります。

もし、カイロプラクティックの施術が功を奏し、妊娠時期が早まることが出来たならば、それだけ医療費の出費圧縮に繋がると思います。そのための投資として、カイロプラクティクの施術代を上乗せしても損ではないと思います。(ただし、カイロプラクティックの施術をしたからといって絶対、懐妊すると保障できないのが難しいところですが・・・)

いずれにしろ、出産後は現在の生活に加え、養育費も加わってきます。めでたく出産はしたものの、その後の生活が金銭的に営めなくなっては本末転倒なので、そこら辺のことも考慮して不妊治療を見直していく必要があるでしょう。

 

最後におまけのアドバイス

不妊治療を必死でやっている時は成功せず、あきらめて治療を止めてから自然妊娠した、という話もたまに聞きます。不妊治療中は、上手くいかないと色々ストレスを受けます。人によってはウツっぽくなったりします。

その事が逆に懐妊を上手くいかせない要因の一つになっているケースが見受けられます。

ストレス解消法は、人それぞれなので自分なりのストレス解消法を見つけ、また必要以上に深刻にならないようにしてください。

 

今回は、こんなところで。

では。

追伸;

不妊症に対するお問い合わせを多く頂くようになったので、当院のアプローチ法の理論的背景を基礎的な知識を盛り込みながら、少し細かめにお伝えするページを作成しました。こちらも合わせてご覧くださると幸いです。>>>ダフィーカイロ/不妊のページ

何か分からない事があれば、神奈川県大和市の整体【ダフィーカイロプラクティック南林間】まで、何なりとお尋ねください。