肋骨下部の痛みのお問い合わせ

今日は、ダフィーカイロです。

当院ホームぺージの閲覧数が最も多いのが、肋骨下部の痛み・違和感に関してのページです。

先日もその件に関して、あるお問い合わせメールがありました。

内容が皆様に参考になる部分があると思うので、今回シェアさせて頂くことにしました。

 

問い合わせメールの要点は次の通りです。

①60代男性。心房細動がある。

②血液抗凝固剤を服用中。

③昨日より右肋骨下部に痛みが出始めた。かがんだり、押してみたり、立ち上がる時、やや鋭い痛みが出た。

④何科にかかればいいか知りたい。

 

これに対する当院の返答は次の2点です。

①かかりつけの内科や循環器内科でご相談されることをお勧めする。

②異常を感じる位置の関係から、肝臓、すい臓、胆のう、腸などの関係も考えられるので、その点でも内科を受診されるのが適切と考えらる。

 

①の理由としては、血液をサラサラにする薬は、副作用として消化管の不正出血を招くことがあるからです。そのため腹部(特に上腹部)に痛みがでることがあります。その場合は、医師と相談の上、薬剤の変更等がなされると思います。

薬の副作用はそうそう頻発するものではありませんが(頻発するようなら、そもそも薬の認可が下りない)、無きにしもあらずなので念頭に置いておいた方がよいです。また、薬の分量は人によって違ってくるので、その調節を加える必要があります。

 

よく素人判断で、不定愁訴があると何でも自律神経が悪いとか、ストレスで気が病んでるとか、短絡的に考えられがちですが、体の不調には色々な原因があります。重篤な疾患が隠されていることもあります。

多数の可能性を考慮して対処していくのが肝要と感じます。

今回はこのような感じで、当院に届いた質問から皆さんに有益な情報になると思われるものをチョイスしてご紹介しました。

では、今回はこの辺で。

Follow me!