今日は、ダフィーカイロプラクティックです。

突然ですが、私はもの凄い甘党です。

子供のころは、角砂糖をそのまま食べてました。

お陰で大人になった今では、歯が虫歯だらけでボロボロです。

 

虫歯って、一回なると厄介ですよね。

何て言っても、自分では治せない。自然に治ることがない。

とにかく、予防。予防しかないです。

 

ですが「歯が痛いと感じた場合=虫歯」ではなく、意外にそれ以外が痛みの原因になっていることがあります。

今回はそんなお話です。

 

 

1、経緯

40代の女性で、左の歯が痛いという訴えで来院されました。

2ヶ月前に歯が痛くなり、行き付けの歯科医さんで診てもらったそうです。すでに歯の神経はない状態だったのですが、歯の中を綺麗にしてもらうとすぐに痛みはなくなりました。1ヶ月くらいしてから再び痛みが出だし、前回と同様の処置をしてもらうと痛みはなくなったそうです。レントゲン上では病巣も無く、原因はよく判らなかったようですが、歯科医で処置してもらうと、すぐ痛みが消えるのでそのままにしていました。3日前から再び痛みが出だし、今度は歯科医さんで処置してもらっても全く良くならず、本日、歯科医院が休診のため当院にご来院となりました。

クライアント様「歯医者さんで良くならなかったので、整体で虫歯なんとかできない~?」

私「歯医者さんで虫歯の処置して変わらなかったのなら、ひょっとしたら、歯の問題じゃないのかも知れませんね。その場合、整体が役にたつことがありますよ!」

…と言ってみたものの、歯が痛くてカイロプラクティックにいらっしゃる方は滅多にいません。あまり確証は持てませんが、やるだけやってみます、みたいなニュアンスのオーラも出しつつ、取りかかります。

 

2、口の中の問題以外に歯に痛みを感じる原因

口の中の問題は、歯医者さんにやってもらうとして、それ以外で歯の痛みを誘発する原因を挙げてみます。

①三叉神経痛

②副鼻腔炎

③咀嚼筋のトリガーポイント

④風邪

⑤頭痛

これらが一般的にみられる原因です。

その他、狭心症の関連痛や、心因性の痛み、帯状疱疹痛があります。

 

3、施術

上記リストの中で原因を探してみると、近日中に風邪をひいた経験や、副鼻腔炎になっているような様子もないので、これらは除外されました。

三叉神経もその他の試験(痛覚、触覚、振動覚)に問題なく、関連する帯状疱疹の兆候もないようです。

通常、咀嚼筋の中で問題に挙がりやすいのが咬筋(奥歯を噛みしめると頬で盛り上がる筋)や、側頭筋(こめかみにある筋)ですが、そこを押してみても歯の痛みは再現されません。

ただ、左の首の筋(胸鎖乳突筋、斜角筋、舌骨周辺筋)は緊張しています。そこでその筋肉の付着部周辺を丹念に探してみると、丁度、下顎のエラの部分(下顎角)の内側についている筋肉(内側翼突筋)を押すと歯の痛みが再現されると言います。

これで原因は特定できました。後はやることは決まってきます。そこでその筋を緩め、その筋に負担をかけるであろう、顎や首の配列や動きの修正をして終了です。

術後、歯の痛みは半分くらいになったそうです。

そこで、とりあえず今回はそこで様子を見ていただき、まだ残るようなら再度ご連絡いただけるように申し上げてこの回は終えました。

その後、ご連絡がなかったのでどうなったかと思っていたのですが、数ヵ月後、駅でバッタリお会いしました。

そうしたら「次の日には、痛みがすっかりなくなたよ~」とのお言葉をいただく事ができました。それ以来、再発はないようです。

めでたし、めでたし。

 

 

4、考察

2ヶ月前より歯の痛みを繰り返すということだったので、以前の痛みの原因はひょっとしたら今回の原因が引き起こしていたのかもしれません。しかし、以前の2回は歯医者さんの処置で消失しています。今回だけ効かなかったという事は、原因が別だったのかもしれません。

結果論なので、本当のことは分かりません。複合的な原因だった可能性もあります。何にしろこの様に口や歯に問題がなくても歯に痛みを生ずることはあるので、歯科治療で効果なかった場合、他のアプローチに取り組んでみてはどうでしょうか?

 

5、まとめ

今回は、歯の問題にカイロプラクティックが効いた、という話題でした。色々、カイロプラクティックに関連する物ってあるんですね。

以前お一人だけ、歯の矯正をカイロでやってくれという依頼がありました。

でも、それは無理です。歯医者さんで受けてください。当院で行うのは姿勢の矯正です。そこはよろしくお願いします(笑)

では、今回はこの辺で。