今日はダフィーカイロです。

スポーツは適度に行えば、運動機能の向上、ストレス発散など有益なことがいっぱいあります。しかし、やり過ぎると逆に害になります。スポーツに限らず全ての事がそうですけど。

そして、クラシック・バレエなどの芸事も同じです。

バレエの障害で起こしになる方がたまにいらっしゃるので、今回はそのことについて。

 

1,クラシックバレエで障害を起こす背景

クラッシック・バレエは非常に体に障害を起こしやすい舞踊です。

それはバレエの振り付けは解剖学的に無理な姿勢が多くあるからです。

ベテランの指導者ほど的確な指導をしてくれると思われがちですが、古い指導者ほど昔ながらの解剖学的・人間工学的に無理な指導をしていることが多く見受けられます。

また、クラシックバレエを習い始める多くが幼少期から学童期にかけての女子ですが、ちょうど成長期にもさしかかる時期なので、骨の変形、軟骨の損傷などを受けやすくなります。

そのやり方が本人に適合していればパフォーマンスが伸びますが、人間には個人差があるので、その人に合わなければ負担となり、怪我をする原因となります。特に生真面目にバレエに取り組んでいる子ほど、怪我を助長し、体が歪み、あちこち痛みが出て、そのうち脱落していくというのを見受けます。

しかし多くが中学に進学するのを期に、クラシック・バレエから卒業し学校の部活動に移行するので、そこまで身体的障害が深刻化せずにすみます。

逆に長く続けているダンサーでは、解剖学的・人間工学的に間違った動きを続けている代償としてじん帯や腱を損傷・断裂していまうベテランが多くいます。しかし、この様な人たちが自分が指導者として教える立場になると、自分が以前習っていたやり方をそのまま生徒に伝授しています。したがって故障を起こしやすいという風習は、改善することなく業界的に循環していきます。

 

2,審美的な問題

クラシック・バレエは審美的な競技でもあるので、入り込みすぎるとその点が子供の健康の弊害になる可能性もあります。

審美的競技とは見た目重視の競技で、オリンピック種目でいえば新体操や、フィギア・スケートなどの採点競技がこれにあたります。競技者のスマートな体型が採点に影響及ぼします。近年の女性アスリートの健康問題で話題にあがるのが、審美的競技における過度の体重制限による健康被害です。

プロのバレエダンサーは皆おしなべてスマートな体型をしています。しかしそれを目指して成長期のころに食事制限をしていると将来的に大きな問題を生みます。

偏った栄養は、将来的に生理不順を引き起こす原因になります。それは骨粗鬆症、貧血にもなります。詳しくは下の記事(当院別ブログ)でをお読みください。

 

学童期における栄養管理は100%親の責任です。正しい食事をさせるよう切に願います。

また、先ほど指摘したようにプロダンサーは皆スマートな体型をしているため、クラシック・バレエをしていれば痩せると思い込んでいる人や、もしくはそのように宣伝している教室がありますが、それは人それぞれなので一概には言えません。

痩せるためには、単純に摂取カロリーと、消費カロリーとの比率なので、摂取カロリーが多ければ痩せずらいと思われます。また筋肉線維には瞬発系でボリュームのでやすい速筋線維と、持久系でボリュームのでにくい遅筋線維が、大別するとあります。この配分は人それぞれなので、筋肉のボリュームが出やすい人と、出ずらい人がいます。

脚を細くするためにバレエを始めたのに、全然細くならないと嘆かれている方には、体質による違いを分かっていない人が多くいます。大人になってからクラシックバレエを始めてそのような悩みを持たれている方や、お子様がそのような状態で、そのことで無理難題を押しつけている親御様がいるので、注意が必要です。

 

3,まとめ

今回は、当院にいらっしゃるバレエによる障害のクライアント様から感じ取るバレエ業界の問題を、私なりの視点で俯瞰的に述べさせていただきました。私自身はバレーをやる訳ではないので、詳しい技術的なことは分かりません。が、解剖学的な視点や、運動学的な視点はあるので、そのことと照らし合わせ「それって、ちょっと無理じゃない?」ということは分かります。今回はそのような視点での意見です。

また何か感じることがありましたらご報告させていただきます。

では今回はこの辺で。