今日は。最近、無性にホームジムがほしい神奈川県大和市の整体【ダフィーカイロプラクティック南林間】の坂木です。

 

通常、ウチのような施術院ですと、利用者の8~9割は肩こり・腰痛が主訴で来院されるというのが一般的です。ですが、当院の場合はちょっと変わってまして、多い時ですと1/3くらいは「めまい」のクライアント様で占められることがあります。

 

そこで、今回はご自身が急にめまいに襲われた際に、どうすればよいかをご紹介していこうと思います。なお、ここに書かれている事は、医師における診断の代わりになるものではありません。めまいの8割方は命に別状のない疾患と言われていますが、中には重篤な疾患に結びつくものもあります。素人判断は避け、基本的には直ちに医療機関を受診される事をおすすめします。

めまい/神奈川県大和市の整体【ダフィーカイロプラクティック南林間】

 

1、急なめまいが起こった時に、先ず確認すること

1-1、こんな時はとにかく急いで救急車を呼ぶ「めまい」

下記の症状がめまいに伴って出ている場合、命に危険な病気の可能性があるので急いで救急車を呼んでください。

 

①激しい頭痛が起っている。

②手足の麻痺、震えが起こっている。

③上手くしゃべれない。

④スポーツなどで頭をぶつけた。

⑤胸の痛みや締め付け感がある。

⑥嘔吐が何時までも続く。

①②③④⑥は、脳の血管障害の可能性があり、脳出血や脳梗塞、その他血管の循環不全などが考えられます。また、脳腫瘍によっても同様の症状が起る可能性があります。

また、④スポーツのプレー中に脳震盪を起こした後でのめまい感はセカンドインパクト症候を引き起こす可能性もあります。脳震盪後は脳が衝撃に過敏になっていますので、無理をしてプレーを再開し、再び衝撃を受けると昏睡状態に陥る可能性があります。

セカンドインパクト症候群に関してはこちらをお読みください>>脳震盪とカイロプラクティック

⑤の場合、不整脈など心臓機能不全から脳への血液供給が不安定化して起る場合があります。心臓機能も命に関わる重要なものなので緊急受診をお勧めします。

 

1-2、一まず安静にして、少し治まってから受診してよい「めまい」

1-2-1、頭の向きでめまいが楽になったり、悪化したりする方向がある。

悪化する方向があってもしばらくすると治まる。そのままめまいがある方向に頭を向けておくとめまいが治まってくる場合、良性発作性頭位めまいの可能性が高いです。逆にいつまで経っても治まらないこともあります。その場合は小脳出血の可能があるのですぐ病院へ行かれ事をお勧めします。

しかし、実際、めまいが起こっている本人が「いつまでめまいが続くかな?」と試す事はほとんど無いので分からない事が多いです。ちなみに、命の危険が無い病気なので「良性」と名がついていますが、別に体に良い訳ではありません。

1-2-2明らかに寝不足

睡眠不足などで引き起るめまい感は、自律神経の不調などが関係していると思われます。

1-2-3、難聴、耳鳴りを伴う。

難聴の場合、自覚がなく耳鼻科等で検査を受けて見つかる場合が多く見受けれれます。めまいを起す2大疾患のうちの1つメニエール病の可能性があります。メニエール病は今だに原因不明の疾患ですが、アレルギー疾患の可能性が示唆されています。一方がかかると、もう一方の耳も起す可能性があり、また難聴・耳鳴りが残りやすいので早期に治療を開始した方が懸命です。

 

2、悪性のめまいでないと思われる時の対処法

1-1にある緊急性を要するめまいでなかった場合、とりあえず安静に様子を見ることにします。特に無理に動こうとすると転倒し、頭を打ってしまう危険があります。

2-1、一般的な対処法

その際、体の向きでめまい感が減る方向があれば、その向きで寝ています。

また、光がまぶしい場所や騒音などを避け、静かな場所で休むようにします。

 

2-2、良性発作性頭位めまいの対処法

めまいで一番多いと言われている良性発作性頭位めまいの場合、耳の奥にある耳石器というところの耳石というカルシウムの砂がはがれて三半規管に入り込み神経に悪さをしているので、そのはがれた耳石の位置を変える体操をしてみるのも良いでしょう。

ただし、この体操をしてめまいが悪化する場合もあり、その場合は多分、良性発作性頭位めまいでない可能性があります。または、やり方自体が間違っている場合もあるので、その辺も含めて医療機関でちゃんと確定診断を受けてもらったほうが良いでしょう。

 

念のため、体操(エプリー法)のyoutubeでの紹介動画を掲載しておきます。これは後半器官用の運動です。

 

 

簡易バージョンとしては単に寝返りを打つ、というのがあります。

仰向けからめまいが起こる方(右向きか左向き)に寝返り、再び仰向けになってから、次に反対に寝返る。そしてまた仰向けに戻る、という手順です。首だけでなく体全体で寝返ってください。

 

このやり方は、HNKのためしてガテンで放送されたそうですが、ここでは動作と動作の間は10秒静止するように解説されています。しかし、多分30秒くらいおいた方が良いようです。良性発作性頭位めまいは30秒くらいで治まるのが多く、耳石の移動が落ち着くのにその位の時間がかかると思われるからです。

 

2-4、良性発作性頭位めまいの最も簡単な対処法

運動するのがつらい、吐き気が強いという場合、まず次のことから行ってみましょう。

良性発作性頭位めまい症は、ほとんどが水平(外側)半規管か、後半器官の問題で起こります。水平半規管障害は、首を振り向く動作をするとめまいがします。この場合は、振り向いてめまいが起こる方向と反対方向を下にして横向きで寝ます。これで30分~1時間ほど休んでるとめまいがしなくなることがあります。水平半規管に紛れ込んでいた耳石が、重力に引かれて出てくるためです。

後半器官の場合は、斜め後に首を傾けるとめまいが一番ひどくなります。その場合は、その方向を上にして横向きで寝て、少しうつぶせ気味に体をかぶせ、下側のおでこをベットに付けるようにして休んでみましょう。水平半規管より成功率は低いですが、浮遊耳石が出る可能性があります。

 

 

3、めまいの種類と適応する診察外来

 

受診しようとしたら実際どの外来へ行けばよいか悩まれるところです。めまいの全般的な診察は耳鼻科か脳神経外科または神経内科の領域です。

 

めまい感のみの自覚症状→耳鼻科、脳神経外科

耳鳴り・難聴をともなうめまい→耳鼻科

めまいの他、血圧異常、胸痛を伴う→循環器科

頭痛、麻痺、痺れを伴うめまい→脳神経外科、神経内科

糖尿病の既往がある人のめまい→内科も考慮に入れておく

うつや不安症の既往がある人→精神科も考慮に入れておく

 

4、まとめ

めまいの場合、大別すると回転性めまい(景色がグルグルまわるめまい)と、非回転性めまい(フワフワめまい、クラクラめまい)の2種類があります。

突発性のめまいの場合、回転性めまいの方が多く、患者様もそっちの方がビックリして医療機関に自主的にかかられます。

回転性めまいは内耳の問題である場合が多く、命に関わるリスクは少ないです。一方、非回転性のめまいの場合、中枢性の問題(脳血管障害など)の可能性もあり、命に関わる危険性があります。

しかし、当院にご来院される方は、非回転性めまいの方が多い傾向にあります。当院のめまいのクライアント様の大半は、複数の医療機関を受診され、それでも回復が思わしくないのでお越しいただいているケースがほとんどですが、もし、一度も医療機関にかかられていない場合は、事前にお医者さんで診察を受けられることをお勧めいたします。

今回は当院でご利用者の多いめまいに関して応急処置的な判断のご紹介をしてみました。当院に来院されためまいのクライアント様の多くは複合的な要因で症状が改善しないケースが多く見受けれれます。もし、お心当たりがある場合はご相談ください。

では、今回はこの辺で。