神奈川県大和市の整体院です。腰痛・肩こりの他、妊婦・産後の骨盤矯正、めまい、股関節痛、頭痛などを得意としている、南林間駅徒歩3分にある整体院です。

手足のしびれ

手足の痺れ/神奈川県大和市の整体【ダフィーカイロプラクティック南林間】

(c)フリーメディカルイラスト図鑑

痺れとは

人によってしびれる感覚は違いがあり、感覚の異常によって引き起こされるものの他に、何かモノを持ったときに力が入りづらいことを「しびれ」と訴えたり、筋肉の疲労感を「しびれる」と言ってくる場合もあります。そのため状態や原因を正しく見極める必要があります。

本来のしびれる感覚というものは、「ジーン」とする重だるい感覚と、「チクチク・ピリピリ」とする軽い電気のような感覚があります。

 

神経圧迫による痺れ

神経細胞は、生きている限り活動しているので、微弱電流を流しています。痛みを伝える神経もごく僅かに、通常でも電流を流していますが、その痛み情報を伝えない様に、抑える機構が働き、感じることがありません。

その機構が上手く働かない状態になると、鈍い痛み(深部痛と呼ばれる)を「痺れ」として感じるようになります。これが「ジーン」と感じる痺れのメカニズムと考えられています。

「チクチク・ピリピリ」感は、直接痛みを感じる神経が障害を受けていると考えられます。

痛みを感じる神経は2種類あり、「ズキッ」「ズキーン」とする強い痛みを感じる神経と、「ジーン」と感じる鈍い痛みを感じる神経です。鈍い痛みを感じる神経線維は繊維にカバーがついていないので障害に弱くなっています。そのため、特に鈍い痛みを感じる神経が影響されていると考えられます。

障害する原因として神経線維の圧迫が挙げられます。神経線維の通り道でしたらどこでも起こる可能性があります。代表的なものは、椎間孔の変形や、ヘルニア、筋肉による圧迫です。また、脳や脊髄の病変でも痛み神経の抑制が失われる場合があり、腫瘍や脳血管障害などで起こります。

 

内科的な原因の痺れ

神経の圧迫の他に内科的な病気から神経に異常をきたし、痺れを感じるものがあります。糖尿病や甲状腺の病気によるものです。また、手に起こる場合は、心臓病関連も考えられます。当院では、その他に他の病気による薬剤性(薬の副作用として)のケースや、パーキンソン氏病による自律神経障害として痺れの起こっているケースなどを見かけたこともあります。

薬剤性の場合は、薬の種類を変えてもらうなどして、対応すればよいと思いますが、病気による痺れでは、基礎疾患(おおもとの病気)自体が治らなければ、痺れの解決は難しいと思われます。

 

その他の痺れの原因

痺れの原因は大きく分類すると、
①知覚神経が鈍くなったり、麻痺したために起こるもの
②運動神経が鈍くなったり、麻痺したために起こるもの
がありますが、その他に放散痛として起こるものがあります。

首や肩周りの筋肉が凝りなどにより、自律神経反応が異常をきたし、違う場所に異常な感覚を生む(頭痛や手や腕の痺れ感など)事があります。

l_046

カイロプラクティックの対象となるのは、この様な痺れや、先に説明した神経圧迫による痺れがメインになります。また、一部の自律神経の異常による痺れも適応となります。

痺れの原因は、医療機関によっても整形外科から内科、脳神経外科、神経内科、心療内科、循環器科、精神科など多岐にわたり、それぞれ受ける診断が違っている場合があります。一つの診断にこだわらず(治ってしまえばそれでOKですが)、色々な科で見てもらうのも必要かと思います。

当院においても、色々カイロプラクティックの見地から検査させていただき、経過を見ながら、早期に回復できるようお手伝いさせていただいております。

ご興味ある方は、ご相談ください。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 046-272-3638 受付時間 9:00 - 21:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

お問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

メッセージの内容はこれでよろしいでしょうか?
OKでしたらチェックして送信ボタンをクリックして下さい。

ブログ【ダフィーの独り言】

カテゴリー


当ホームページの画像は全て自主制作、もしくは有料素材、肖像権使用同意書を得た素材を使用しています。画像素材が必要な方は上記サイトをご使用ください。

  • facebook

Ninja Tools

LINEで送る

ブログ【ダフィーの寝言】

カイロプラクティックに関する当院なりの考え方や、マニアックなネタ、業界裏ネタ、日常ネタなど、メイン・ホームページのブログ【ダフィーの独り言】に載せきれないものをこちらに掲載しています。おヒマでしたらこちらもご覧ください。
>>>【ダフィーの寝言】

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.