今日は、神奈川県大和市の整体のダフィーカイロプラクティック南林間整体院の坂木です。

今回の症例報告は、首の痛みを訴えてのご来院されたクライアント様のケースです。

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-OZP86_kubigaitaidesu-thumb-1000xauto-16274

 

2週間前に寝ている時、首の痛みで目が覚めた。それ以来、首に力が入った時や、動かした時に電気が走ったような痛みを感じるそうです。

現在では、発症当時より痛みの程度は、軽くなっているとの事。

当初、かかりつけの医院で受診されましたが、そこでレントゲンを撮影されたところ首の骨の歪みを指摘され、当院を紹介されてのご来院となりました。

ご持参いただいたレントゲン写真を拝見したところ、確かに首の骨の全体的なマルアライメント(不整列)が見て取れます(以下に提示)。

 

大和市の整体ダフィーカイロ頚椎レントゲン
撮影医療機関・ご本人に許可を得て掲載

下部頚椎より右に傾き、頭部でより捻れている様子が伺えます。

ただし、体の歪みは、上部腰椎からすでに始まっているので、矯正は腰部と頸部の2箇所を行う事になります。

背骨の動き・連動性を一つ一つをチェックし、体全体の歪みtと照らし合わせ、悪そうなところを確定していきます。

骨格の歪みは、関節由来の歪み方と、筋肉由来の歪み方があります。そこ等へんも鑑別し、施術法を選択します。

今回は割かし単純に、見た目の歪み方を修正するように背骨を矯正したほうが、骨の連動性を整えるよう事にも貢献するようだったので、背骨を正中に持ってくるように矯正を行いました。

矯正後、首の可動性の改善と、痛みの軽減が達成でき、今回の症状に対しての施術は、今回のみで終了です。

ただし、日ごろ仕事でバイクを乗る事が多いそうなので、首の痛みは習慣性の負担によるものが多いと考えられます。ご本人もその事は自覚しているようで、またメンテナンスで来たいとおっしゃっていました。

人間の体には本来、自分の体を正常な状態・良い状態に保とうとする自然治癒力という働きがあります。しかし、一方で変化を嫌い、いつもと同じ状態でいようとする恒常性という働きもあります。

健康を保つためには、悪い事を排除し、良い事を続ける事です。

体に良い事とは、キチンと栄養を取る、睡眠・休息をしっかりとる、適度な刺激(運動や、体が正しい方向に向かうようにメンテナンスしてあげる事)などがこれに当てはまります。

一方、体に悪い事とは、栄養の偏り、許容範囲を超えて無理をする生活態度・環境、回復時間の過少、体に悪いものの摂取、などがこれに当てはまります。

症状が出たことは、これらを見直す機会です。当てはまる事はないかを考えてみて、改善できそうな事から取り組んでみると良いでしょう。当院でもそのお手伝いをさせていただいております。

何か分からない事があれば、神奈川県大和市の整体【ダフィーカイロプラクティック南林間】まで、何なりとお尋ねください。

今回のご報告はこの辺で。

では。