今日は、神奈川県大和市の整体のダフィーカイロプラクティック南林間整体院の坂木です。

今回は以前、いらしていた60代男性の股関節の痛みのクライアント様の症例です。

 

大和市の整体、ダフィーカイロ股関節の痛みアイキャッチ 

3年前からの発症で、最初は腰がぎっくり腰のように急に痛くなったそうです。そこで整形外科で受診し、牽引治療などを行っていたら、程なく腰の痛みは解消されたようでした。

しかし、その後も左の股関節は続いており、歩くときも跛行(びっこ)を呈していました。階段の上り下りは特に困難を感じるとの事。

整形外科には、継続的に通院しており、その都度、電気をかけたり、湿布をもらっているそうです。また、1年前より指圧・整体の施術院にも継続的に通っているいるそうですが、症状が悪化傾向にあるので、当院を探してきたと言う事です。

早速、股関節の可動域を診せていただくと、極端に可動範囲が狭く、動かすと痛みを強く訴えます。どうも股関節に変形性の問題がありそうな感じです。結構、症状が悪そうなので、今、通っている整形外科で手術の適応になる、というような話がなかったのか尋ねてみると、そのような話は一切なかったということです。

う~ん、自分の見立てが間違っているのだろうか?このレベルの変性なら手術の話が出てもおかしくないはずだが。それとも全然、見当違いの事をやっていたのだろうか?

と思いつつも当院でできる範囲で施術は試みてみます。実際、施術を行うと症状は軽減するようなので、経過を見させていただくことにしました。

施術をすると少し歩きやすくなるようですが、しばらくするとまた元に戻る、というのを繰り返します。3ヶ月くらい継続していただきましたが、あまり変化がないようなので、整形外科疾患で実績のある病院での精密検査をうけるよう提案してみました。しかし、ご本人は渋って、あまり行きたくない様子です。

当院で予想していたのは、進行期の変形性の股関節症ですが、その事を直接ご本には言えません。具体的な病名を告げることは、診断行為に当たり,医師法に抵触するからです。そのせいもあってか、なかなかご本人も当方の意図が伝わらないようです。

しかし、手術適応で、手技での改善の見込みが薄い人を、非現実的な希望を抱かせたまま、不必要に通院を継続させるのは良い事ではありません。施術業界では、そのような事で売り上げを伸ばしているところもありますが、当院では性格的にそういうのはチョットできそうにありません。

「病院で精密検査してもらえませんか~?」「え~、そうなの~」みたいなやり取りを繰り返しているうちに、ようなく行っていただくことができました。

実際、病院で精密検査してもらうと予想どおりの進行期の変形性股関節症でした。手術をするか、それが嫌なら杖を突いて悪い方の足に体重をかけないようにして歩くしかない、と言われたそうでした。

ご本人も実は薄々「これは手術しかないかな」というのは感じていたらしいのですが、手術は嫌なので現実逃避していたそうです。ですが今回、面と向かって言われて踏ん切りついた、行って良かったよ、と言っていただけました。

結果をお聞きして、今後の治療は病院側と相談しながらやっていくと言う事なので、この回で当院での施術は終了となりました。

手技療法には適応範囲があります。手術適応が治療の第一選択となるような限度を超えた変形症もその一つです。軽度~中程度の変形なら体のバランスや、動作の再訓練で改善するものもあります。ちゃんとした適応範囲を見極めるのも大事な事で、現実不可能と思えるような希望をクライアント様に持たせ、いたずらに無意味な施術を続けるのは、霊感商法で壺を売りつけているのと同じ事です。

そのような視点でクライアント様の健康に対し、何が一番ん有益かを考えながら当院では対応させていただいています。見捨てられた、などと思わずに当院のアドバイスを真摯に受け取っていただけると、当院としても提言した甲斐があります。

何か分からない事があれば、神奈川県大和市の整体【ダフィーカイロプラクティック南林間】まで、何なりとお尋ねください。

今回のご報告はこんなところで。

では。