今日は、神奈川県大和市の整体のダフィーカイロプラクティック南林間整体院の坂木です。

最近、雑誌とかで「腹直筋離開」という様なキーワードが取り上げられているのですかね?わたしは、一般的な健康雑誌やママさん雑誌とかあまり読まないので、そちらの方はあまり詳しくないのですが。

このホームページでも「腹直筋離開」で検索してくる人がチラホラ。

よくまぁ、こんなマイナーな言葉を皆さん知ってますね~、って感心します。

私がこの言葉を知った当初は、あまりこれに関する文献も少なく、調べるのも苦労した記憶があります。

 

 大和市の整体、ダフィーカイロ腹直筋離開イメージ

腹直筋離開とは?

産後に訴えられる状態ですが、当の産科の先生でも当時は重要視していない事があり、特別、腸管が嵌頓(カントン。挟まった状態)で手術を要するような場合でもない限り「そのうち治ると思うから、様子見て」とか言われる相場が多かったようです。

白線_s実際、腹直筋の離開は妊娠中、頻繁にみられます。

離開する部分はどの部分かというと、腹直筋というのは筋肉マッチョの人(シュワちゃんとか)のお腹を見てもらえば分かるとおりいくつかのブロックに筋肉が分かれていますが、その真ん中の縦のラインの結合組織(じん帯のようなもの。白線という)が引き伸ばされてしまうのです。

子宮が大きくなるにつれ、表面の部分も引き伸ばされるので、当然、大なり小なり妊婦さんは誰でもおこります。しかし、大概の人は放っておいても短縮してきます。

一定以上引き伸ばされて、自然に元に戻らなくなった状態を腹直筋離開として認識されます。

腹直筋離開が起こると腹部の筋肉の締まりが悪くなり、何時までも妊娠時のようなお腹のたるみが戻らないという状態になりやすくなります。特に食後やお腹に力を入れたときに目立つ事が多いです。

症例報告①

3人目のご出産に際して、骨盤の後ろ側の関節(仙腸関節)と前の関節(恥骨結合)に痛みが出現し、当院にいらっしゃったクライアント様です。特に寝返り時が痛そうでした。

産後1ヶ月目と言う事でしたが、腹直筋の状態を確認したところ、やはり少し開き気味のようです。

腹直筋の離開幅の調べ方は、腹筋に力を入れた状態にすると、腹直筋が収縮して、左右の筋肉の間に隙間ができるので、そこに指を沈めてみて入り具合を観察します。簡便なのは、仰向けに寝てもらい、頭を起こすと腹部に力が入りますので、その状態で測ります。

DSCI0632

初回時の計測では、離開幅はヘソの上部で2cm。ヘソの下部でも2.5cmの離開です。おへそも、妊娠中は子宮が大きくなるにつれ、外へ押し出されやすくなりますが、腹直筋離開の人は、腹部の収縮力が弱く、おへその出ているのが産後も戻りづらくなっています。

産後一ヶ月目なら白線部の離開は残り気味は普通ですし、このケースでも離開幅は 2cmで極端に大きなものではありませんが、産後の仙腸関節と恥骨結合に痛みが出ているところを考慮すると、骨盤の固定力が見た目以上に弱くなっているようです。お腹の中の筋肉が引き伸ばされ、骨盤の閉鎖力が発揮できない事が想定されます。

特に経産婦さんは、初産婦さんよりお腹の組織が伸びやすくなっているので、妊娠中も腹部の突出が目立つ傾向にあります。

改善法方

まず、骨格的な歪みを矯正します。

筋肉は正常な長さがあり、骨格が歪んでいると、筋肉が微妙に引き伸ばされていたり、縮んでいたりして、正常な力を発揮できないことがあります。

したがって、腹部の改善エクササイズをしてもらう前に、先ず骨格の歪みをただし、筋肉の力が正常に発揮できる状態になってから運動をしたいただきます。

その上で、ホームエクササイズを指導させていただきました。お子様が上に2人もいらっしゃるので、ゆっくり寝そべりながらやる運動などやっている暇が無い!との訴えから、できるだけ立った状態で、日常生活の中でできるエクササイズを探して提案させていただきました。

この手のエクササイズは現在、いろいろ発表されていますが、どんな立派な理論や方法でも、実際日常で実践できないようでは、絵に描いたもち、実用性がありません。

例えば「膣壁の前側を収縮して」とか「後ろ側を収縮して」とか細分化して意識させてやる方法などもありますが、日常生活の中でそう細々とやっていられません。

したがって当院では、基本的な要点を押さえていれば、効果のあるできるだけ簡単で日常動作のなかでできるようなエクササイズにアレンジして提供させていただいています。

経過

H26.11.13腹直筋離解mini

3回目の施術前の確認では、ヘソの上部の離開部分は、指を押し込んでも以前のような沈み込みがかなり軽減され、張りが出てきて改善が見て取れます。また、ヘソの突出も軽減してきているようです。

それに伴い、仙腸関節部と恥骨部の痛みも軽減していき、寝返り時の痛みがかなり改善しています。

ヘソの下部は改善度は上部より遅いですが、緩み感が軽減してきているので、このまま続ければ問題ないと思われます。

骨盤を閉める体幹-骨盤底の筋力が向上するにつれ、症状の改善に繋がったので、骨盤の閉鎖力が直接、症状の軽減に関与していると思われます。

日常生活では、何かと忙しいですが、正しい矯正と、正しい運動をコツコツ地道に続けていると、結果は出ると思いますので、ガンバって見てください。

何か分からない事があれば、神奈川県大和市の整体【ダフィーカイロプラクティック南林間】まで、何なりとお尋ねください。

では、今回はこんなところで。