DSCI0677
写真;北志賀竜王にて

今日は、神奈川県大和市の整体のダフィーカイロプラクティック南林間整体院の坂木です。一旦少し緩んだ寒さが、再び戻ってきた感じでが、皆さん元気にお過ごしでしょうか?

今回は流産後に起こった腰痛のケースについての報告です。

初回時

この方は、当院を数回ご利用されていたクライアント様ですが、いつもは肩こりの訴えでの施術でした。

今まで腰痛には縁がなく、急に腰痛になり、特に寝返り時や、起き上がりの動作、朝に洗顔などで腰をかがめる時に腰の付け根が痛くなるということでした。

ただし、検査時には体を動かしてみても特にこれと言った痛みは誘発されず、ご本人も日中は痛みを感じないという事をお話されました。

起きている状態では、骨の動きも特段、これと言った異常な所見は見出せず、骨盤の歪みも特異的なものは認められません。押しても痛みはなく、立位や座位では圧力を加え動かしても何ともありません。始めは何だこれ?という状態でよく分かりません。どうも通常の腰痛と様子が違うようでした。

関節炎や椎間板に問題がある場合、動かすと痛いので、今回は?です。そこでまずは可能性として高い、筋肉性の腰痛の処置を中心に施術を進めてみます。

術後の反応は可もなく、不可もなく、といったところで、とりあえず経過観察してみます。反応を見たいので、できるだけ早く再来院をすすめておきました。

 

経過

しかし再びご来院されたのは、1ヵ月後でした。

症状は、前回より少し痛む場所が仙骨上に下がったようですが、あまり変わってないようです。通常、筋筋膜性の腰痛は、放っておいても1ヶ月もすれば軽減してくるのが常です。今回の腰痛はこれも違うようです。

今回も一般的な腰痛検査では、症状の再現はみられません。ただ、寝返りを打ってもらうとやたら痛がるので、どうも体重がかかってない状態で動かすと痛いようです。非加重位でアウターマッスル(体の表面にある大きい筋肉)の働きが弱まっている時点での深部筋(脊柱を支える為の細かい筋肉)による痛みか、深部筋が弱まっての脊椎の支持力低下による関節不安定化による痛みのように思えます。

しかし、何故突然、筋出力の変化が起こったのか不思議です。

内科的な問題があるかと思い、子宮筋腫や内膜症を発症したか尋ねてみると、そこで妊娠、流産があった事が発覚しました。

妊娠3ヶ月目で流産をしたそうで、その直後から腰痛も発症したそうです。

そこで、成る程、一般的な腰痛とちょっと違うわけだ、と合点がいきます。

残念ですね、話したくない気持ちは分かります。仕方ないですが、やはり重要な情報なのでお伝えいただいた方が施術はスムーズに進みます。

 

 

考察&結果

通常、流産時には子宮内の内容物・残留物を掻き出す処置をします。残っていると出血が止まらなかったり、感染症の危険が高まるためです。その後、腹痛や腰痛などに襲われる事があります。

このクライアント様の場合、処置後に腰痛が出て、すぐに当院へ来られたそうです。しかし、今回の場合はそれほど腹痛などの症状は出ることなく、出血もさほど続くような事はなかったそうです。

子宮内掻爬術後に腹痛や腰痛・仙骨痛が起こった場合、通常は2週間以内に治まる場合が多いようですが、長い人では3ヶ月くらいも影響が続く人もいるようです。

今回の場合は、腰痛以外の腹痛や下肢のだるさ・痺れなどの自覚症状が無いので、子宮や卵巣の炎症などではないようです(産科からもそのような指摘は受けてないとの事)。

内臓に痛み・炎症などがある場合、内臓体壁反射といい表面の筋肉が緊張したり、痛みを感じる事があります。その結果として、痛みがあると筋出力の抑制に働く場合があります。

また、妊娠初期に妊娠に対応するよう体が変化しだすので、重心の変化や、じん帯の緊張度も変わっていきます。

そのような要素が重なって、腰部を支える筋肉の働きが弱まり、痛みを出している原因になっているようなので、筋出力を高めるような処置をすることにしました。

腰部・骨盤部のバランスの改善と、筋肉内にトリガーポイントが形成されているようなのでその解消を図り、筋力が発揮できるような処置をします。それに併せて、ホームエクササイズを積極的にやっていただくよう指導させていただきました。この場合は、特に腰部の骨を支えている多裂筋がターゲットになります。

その後、10日後に再び来院していただいた時点では、症状の方も軽減され、寝返り時の痛みは消失し、起床時や洗顔時の痛みも軽減されたようです。

このクライアント様は遠方から来られている方なので、この回で様子を見ていただき、後はセルフ・エクササイズなどの自己管理で対応してもらう事にしました。

女性のライフステージでは、いろいろと大変な事が起こりますが、カイロプラクティックがお役に立てることがあれば微力ながらご協力させていただきますので、何かあればお気軽にお尋ねいただけると幸いです。

では、今回はこんなところで。

追伸

流産後の腰痛についての解説ページを新たに設けました。
こちらもよろしければご確認ください。
>>>流産後の腰痛について

何か分からない事があれば、神奈川県大和市の整体【ダフィーカイロプラクティック南林間】まで、何なりとお尋ねください。